介護保険サービスについて

介護保険サービスって?

高齢化が進むわが国の現代社会では、
いつ、誰が「介護の必要な日」になるのかわかりません。

つまり、介護に関する問題は避けては通れないものでありますが、
ところが、いざ介護が必要となってから、
「どうしよう?」と慌てる方がまだまだ多いのが現状のようです。

わが国では、介護が必要になった高齢者やその家族を、
社会全体で支えていく為に「介護保険制度」というしくみがあります。

しかし、一口に介護保険と言っても、ピンとこないのではないでしょうか?

まずは、この制度により受けることのできるサービスが、
どのようなものなのかを出来るだけわかりやすく確認していきましょう。

介護保険のシステムとは・・・

介護保険サービスとは、介護保険制度により受けられるサービスの名称です。

この制度は、2000年(平成12年)4月から法律により施行されました。

運営は各市区町村が行い、40歳以上の方が被保険者として加入します。

運営に必要な経費の半分が、被保険者より支払われる保険料で、
残り半分が、国や都道府県・市区町村などの公費(税金)で賄われています。

被保険者(介護を受ける人)が、サービスを利用するには、
事前に介護度認定を受ける必要があります。

サービスを利用したい場合は、
原則として、1 割の自己負担でご利用できます。

介護保険のサービスを受けることが出来るのは、
第1号被保険者(65歳以上)で、介護が必要と認定された方や、
第2号被保険者(40〜64歳)で、特定の疾病によって介護が必要と認定された方、
が該当します。

このように介護保険のサービスを受けるためには、
自ら申請して要介護認定において「要介護・要支援」と認定されることが必要です。

色々とある介護サービスの中から、利用者が受けたいサービスを、
自由に選んで組み合わせられるというのが、介護保険サービスの大きな特徴です。

また、ひとつひとつのサービスを、いろんな事業者がやっていますから、
どの事業者からサービスを受けるかも、利用者が自由に選ぶことができます。