ちょっと待った!そのリフォームA

≪ 契約に関する基礎知識と注意点! ≫

リフォーム工事の契約。それは決して小額の契約でないでしょうから、
適切な説明と書面に基づき慎重に契約しなければなりません。
たとえ小さな工事であったとしても、口約束だけで工事を始めてしまうと、
後々必ずトラブルの元になります。
悪質リフォームの工事の場合、契約がいい加減に行われることがほとんどです。

≪ 契約は、きちんと書面で交わしましょう!≫

工事内容が決まったら、業者の知人他人、工事の大小にかかわらず、
必ず、契約書を交わすようにしましょう。
契約書は万が一業者とトラブルとなった場合に、
契約工事内容を第三者が確認できる唯一の書面です。
要望や打ち合わせ内容が、契約書面に反映されていることを確認し、
疑問点は説明を求め、不明な部分は明確にするようにしてください。
勿論、自分の家の改修を任せるわけですから信頼することは大変重要ですが、
互いの信頼関係を築くために、明確な契約が必要だという意味です。
建築については素人ですし、詳細を聞い聞いても分かりませんので、
信用していますからお任せします…どこに押印すればいいですか?」
などとこちらからは、決して言ってはいけないセリフです。
相手が悪質業者の場合は確実にトラブルに発展しますし、
逆に堅実な業者の場合は、かえってあなたに不信感を持ちかねません。

≪契約に必要な書類は整っているか?チェックしましょう!≫

契約に必要な書類には、以下のようなものがあります。

1. 契約書
2. 工事請負契約約款
3. 見積書(内訳明細書)
4. 設計図書
5. 打合せ記録

コチラを参照してください。
 ⇒ 【住宅リフォーム推進協議会/標準契約書式集】

(1)契約書

工事名称、工事場所、工期、契約金額、支払方法、
発注者および請負者の住所氏名、捺印欄のあるもの。

※「工期」の欄では、工事の開始及び完了時期を確認します。
 また、工事建物に住みながらのリフォーム工事の場合は、
 生活への影響、受け入れ準備の時期なども確認するようにします。
 工事期間中に生活スペースを移動させるなど、工事範囲と生活スペースが、
 複雑な関係にある場合は、工程表を作成してもらうとよいでしょう。

※「契約金額」の欄では、別途工事の余分に費用がかかる部分の有無を確認します。
 給水管径を大きくする場合など、契約業者とは別の指定業者の工事などがあり、
 別途費用が生じるなどがあります。
 また、解体工事の結果次第で、追加費用が生じる可能性があるか否か?、
 消費税を含んでいる金額なのかどうか?も確認しておくようにします。

※「支払方法」の欄では、工事完了確認後一括又は、出来高に応じて、
 数回に分割となっているか確認します。高額な工事は分割が一般的です。
 間違っても、工事をしていない段階での代金支払いは、してはいけません。

※「請負者」の欄は、特に訪問業者の場合は慎重に確認してください。
 少しでも悪質業者の疑いが残る場合は、会社の登記簿謄本の添付を求めれば、
 なお安心です。

(2)工事請負契約約款

工事請負契約約款(やっかん)とは、契約後から工事完了後一定期間までの間に、
トラブルや予期せぬ事態が起こった場合に、お互いの責任を契約の時点で、
取り決めておくことで、どのように解決するかを書面にしたものです。

契約約款の内容は、全国一律のものではなく、本来は契約や工事の内容に応じて、
個々に取り決められる場合が多いです。
よって、業者に都合のよい文面でないか確認する必要があるのです。
しかし現実、消費者にとっては、比較材料がない状態で文面を確認するのは、
困難と思われます。

そこで参考となるのが 公的な団体が作成した標準的な契約約款ですが、
それを事前に入手し業者の契約約款と比較確認することになります。
場合によっては、公的な契約約款を添付してもらうように伝えてみましょう。

公的な団体が作成した標準的な契約約款(例)

・【民間(旧四会)連合協定工事請負契約約款】
・【日弁連建築請負契約約款】
・【住宅リフォーム工事請負契約約款】
  (住宅リフォーム推進協議会の標準契約書式のもの)

(3)見積書(内訳明細書)

概算見積りで事前打ち合わせを進める場合もありますが、
契約の際は、契約工事内容の内訳が詳細に確認できる見積書(内訳明細書)を、
受け取ります。

いわゆる概算見積書などとは異なり、手すり一つから、どこにどのような目的で、
使用するのかといった詳細を、丁寧に記載している見積書であれば安心です。
見積書の分かり易さや、スタッフの対応なども重要なチェックポイントです。

分からないことは遠慮せずに質問し、十分に納得した状態で契約をしましょう。
「数量」「単価」の欄では、疑問な点は説明を受けるとともに、
高額な「一式工事」の件も、なぜ「一式」なのか?の説明を求めましょう。

数量や単価が出せそうな項目まで「一式」が多用されている場合は要注意です。

(4)設計図面

全てのリフォーム工事に設計図書が必要というわけではありませんが、
小さな項目ならスケッチ程度でも構わないので、
可能な限り図面化した資料を要求しましょう。

特に構造耐力上主要な部分に変更を加える場合や、
大規模な住宅リフォーム工事の場合は必ず設計図書が必要です。

設計図はキッチンやトイレ、ユニットバスなどの設備機器の、
比較的消費者でも理解しやすい設計図も、
要望通りの製品が、設置されているか確認する意味で大切ですが、
こちらでは理解しにくい専門的な構造上の工事内容を示す、設計図書も、
大変重要です。

専門的な事柄でも、納得のいくまで説明を受けることが大事なのです。

「素人には説明してもわからない」や「営業担当なのでわからない」で、
一掃される場合は要注意です。

(5)打合せ記録

「設計図書」に今まで打合せた内容が全て記載されていれば、
改めて「打合せ記録」は必要ありませんが、契約までの間に変更した内容や、
それに伴う工事金額の変更の内容等、図面等に記載されていない重要な記録は、
契約書に添付しておきましょう。