サービス付き高齢者向け住宅
「サービス付高齢者向け住宅」とは、一言で言えば、≪60歳以上高齢者の方≫でも、安心して入居できるサービス付の共同住宅のことを言います。

一般に高齢者が賃貸アパートや賃貸マンションを借りるのは難しいのが現状です。

特に一人暮らしの高齢者は、家賃の滞納や病気、火災事故などのトラブルを避けるために、敬遠されるケースが多く、新しい住まいを探すことは簡単なことではないのが実情です。

これに対して、高齢を理由に入居を拒否することがない賃貸住宅として、貸し主が、事前に、都道府県知事に登録することにより、高齢者が住まいの安定確保ができるようにと仕組みがつくられました。

また、その登録情報は簡単に閲覧できますので、高齢者の方が安心して円滑に住宅探しができるように考えられています。

サービス付き高齢者向け住宅の特徴

「サービス付き高齢者向け住宅」制度は、平成23年10月「高齢者の居住の安定確保に関する法律」の改正法が施行されたことにより創設されました。

高齢者向け住宅の制度としては、以前から「高齢者円滑入居賃貸住宅」、「高齢者専用賃貸住宅」、「高齢者向け優良賃貸住宅」がありましたが、これらの施設は法改正により「サービス付き高齢者向け住宅」に統合されました。

サービス付き高齢者向け住宅は、行政庁への登録制の共同住宅で、高齢者が安心して快適に住まう為の一定の登録基準が定められています。

«サービス付き高齢者向け住宅の登録基準»

規模・設備 提供するサービス 契約関係
・居室の床面積は、原則25㎡以上。(食堂や台所などが共同利用となっている場合は18㎡以上)

・居室に台所、水洗便所、収納設備、洗面設備、浴室を備えたものであること。(水洗便所、洗面設備以外が共同利用となっている施設もあります)

・バリアフリー構造であること。(段差のない床、手すりの設置等)
・安否確認サービスと生活相談サービスが必須。
ケアの専門家が少なくとも日中建物に常駐し、これらのサービスを提供。
・賃貸借契約などの居住の安定が図られた契約となっている。

・前払家賃などの保全措置などが図られている。
しかしこれらの登録基準は最低限の基準である為、施設によっては専用の食堂があり、食事の提供があるもの…、訪問介護事業所を併設していて、介護サービスを受けられるもの…など様々です。

入居の際には、サービス内容や前払い家賃の保全状況など、入居条件を調べておきましょう。

入居してから「こんなはずではなかった」という勘違いが、思わぬトラブルに発展することにもなりかねません。

サービス付高齢者向け住宅では個人のスタイルに合わせて、自由かつ主体的に介護や医療を含めた生活を組み立てることが可能です。

一般的に有料老人ホームに比べて、初期費用が抑えられるのも特徴です。

入居をお考えのあなたの状態に合った、適切なサービス付高齢者向け住宅を探すことができれば、老後の住み替え先として、非常に価値のある有効な選択肢の一つになります。