大幸の樹
大幸の樹

≪ 人は幸せになるために生まれてきました。≫

大幸は仕事を“人の幸せをより大きくする”そのお手伝いとして位置づけ、
プロとしての設計・開発・技術を最大限に活かすことだと考えています。

ものづくりのポリシーは、そこに集う多くの人に、
調和と感動と感謝をもたらすものでなければなりません。

仕事を通した“ものづくり”に、自分を突き動かしているものは何か?
その目的を探り当てた時“ものづくりの原点”が垣間見えます。

*

“人は生かされている”という感謝を見出したとき、
そこが介護という仕事の原点であり第一歩だと捉えています。

介護の仕事は、まさに「 介護は快互 」♪
介護する人される人の双方にとって快いものでなければなりません。

“ 相互幸せの構築”という介護の本質を見据えて仕事に臨むことは、、
自身の進化を、より高め、より深める事になることだと考えております。

*

≪ 大幸の樹 ≫は、このような仕事への想いを、象徴的に表現したものです。

“人の幸せづくり”という使命を、ものづくりのポリシーの幹として…、
技術、機能、感性、価値観を四方八方に伸びる枝葉として… 、
イメージを具現化し、社会と人のために“魂”をこめた花を咲かせる。
そしてその花から、また新たな“幸せの種子”が生まれる!
正に自然の【 循環 】という営みの法則そのものの姿であると言えます。

大幸の樹

この“3つの恵み”に常に感謝しつつ、仕事を通じて自身の進化を図る!

“人の幸せ”のために、人と共存して生きて行くという意識・姿勢こそが、
“ものづくり”という個々の仕事の立ち位置であると捉えています。

出会い・創造・感動・成長・調和・発展・感謝を意識しながら、

【“人の幸せ”のスパイラルを構築する♪ 】

これが弊社、大幸の企業理念であります。