【住まう】施設で受ける介護サービス
一昔前は、高齢者のための施設は「老人ホーム」だけでしたが、
現在は介護保険制度も充実して、様々なタイプの施設があります。

それぞれの施設の特徴を把握し、ご本人、ご家族の介護状況に
応じた最適の施設を選びましょう。
【 公 的 施 設 】
介護特別養護老人ホーム(特養)
  (重介護度の介護者が中心)
小規模特別養護老人ホーム
  (特養の小規模版で地域密着型)
介護老人保健施設(老健)
  (病院から施設への中間施設)
介護療養型医療施設(介護療養病床)
  (医療そのものに重点を置く)
要介護1〜5と認定された人が
介護や看護、リハビリテーション、
療養などのサービスを受ける事が
できます。
経費老人ホーム、ケアハウス

養護老人ホーム
老人福祉法に基づいて設置された
施設の総称で、ディサービスセンター、
老人福祉センター等があります。


【 民 間 施 設 】
介護護付有料老人ホーム

小規模介護付き有料老人ホーム

住宅型有料老人ホーム

健康型有料老人ホーム
介護、食事、洗濯、掃除等の家事や、
健康管理等のサービスを提供する施設
として知事に届け出がされています。

利用できるサービス、契約形態や、
支払い方法はホーム毎に異なります。
施設に直接申込む事で利用できます。
サービス付き高齢者向け住宅

従前の施設
▪高齢者円滑入居賃貸住宅(高円賃)
▪高齢者専用賃貸住宅(高専賃)
▪高齢者向け優良賃貸住宅(高優賃)
居室の広さや設備、バリアフリーといったハード面の条件を備えるとともに、ケアの専門家による安否確認や生活相談サービスを提供することなどにより、高齢者が安心して暮らすことができる住宅です。
高齢者向け分譲住宅
バリアフリーに対応した、
高齢者向けの分譲マンションで、
専門スタッフや看護士が常駐の所、
大浴場、レクリエーション設備を
完備した所、食事・家事サービスなど、
物件毎にサービスや設備は異なります。

一般の分譲マンションに比べ、管理費、
修繕費などは高くなる傾向があり、
各層向けの色々なパターンがあります。
グループホーム(認知症対応型施設)

認知症の高齢者が、5〜9人を1ユニットとして、 通常2ユニット18名が一般的。

スタッフとの家庭的な雰囲気で共同生活を送ることにより、 残りの能力を活かしながら生活することを目指したサービスです。

入浴、食事など、日常生活上の、
介護サービスがあります。